カードローンで返済しないとどうなるか

カードローンの返済が滞ってしまった場合にどうなるのか、不安だという人もいることでしょう。実際、テレビなんかでたまに見るような厳しい取り立ては、健全な業者ならまずあり得ません。
しかしながら、返済は義務なわけですので、滞ると電話連絡が業者からきて、入金を求められることになります。もちろんこれを無視していると、勤め先に連絡がきたり、直接訪問してくることになるでしょう。
もしカードローンの返済が滞った場合には、はじめの電話連絡の段階で、開き直ることなく今の状況を話し、返済を続けられるようにしなくてはいけません。誠意を持って話をした場合には、利息分だけの返済が認められることもあるでしょう。
また、もし事前にカードローンの返済が厳しくなりそうという事態に直面したなら、返済日を過ぎる前に担当者に連絡をすることが大切です。事前に話をすることができれば、利息分だけの支払いで良くなる可能性が高くなるからです。
ただ、これはあくまでも交渉が上手くいったケースの話であり、利息分だけの返済では許されないということもありますので、極力安定収入を継続できるようにし、返済が滞らないようにすることが大切です。そうしないと自己破産など、債務整理を選択せざるを得なくなる恐れがあるからです。