カードローンと個人信用情報の関係

個人信用情報機関というところが数箇所あるのですが、ここでは氏名、生年月日、住所、連絡先、勤め先、契約をした日、契約の種別、限度額、返済回数、返済の状況、残高、事故情報などが保管されており、各機関はこの情報を共有しています。
カードローンの利用を申し込んだ場合には審査が行われることになりますが、このときに業者はこの個人信用情報機関で管理されている信用情報を確認し、融資をするかどうかの判断に役立てているというわけなのです。
そのため、特に事故情報がある場合には、審査で不利になるということになります。事故情報というのは、延滞や自己破産などのことを意味しています。ただ、これらの情報はずっと残るというわけではなく、各機関で違いはありますが、所定の期間が経過することにより解消される仕組みとなっています。
なお、個人信用情報を業者が確認するためには、カードローンに申し込んだ人の同意が必要になります。同意しない場合にはカードローンを利用することができませんので、拒否することは認められません。
また、現状で自分の信用情報がどうなっているか知りたいという場合には、個人信用情報機関に申請することで確認できますから、気になる人は情報の開示を求めてみるといいでしょう。