銀行カードローンと総量規制

年収の3分の1を超える借り入れが認められないという総量規制が始まったことをご存知の人は多いでしょう。しかしながら、銀行のカードローンとなると少し事情が変わってくるということをご存知ないという人は、意外と少なくありません。
まず、総量規制というのは、貸金業者からお金を借りることが対象となっているものなのです。したがって、銀行からの借り入れに関しては、貸金業法にある総量規制の対象からは除かれているというわけなのです。
これがどういうことを表すのかというと、たとえば銀行などからの借り入れをトータルしたところ、借り入れの残高が年収の3分の1をオーバーしていたとしても、すぐにこれが総量規制にあたるということはないのです。
また、銀行のカードローンに関しましても、ここまで解説してきたことと同じように、総量規制の対象からは外されているのです。もしこの総量規制に抵触するようなことが考えられるのでしたら、はじめから銀行のカードローンを利用するというのが賢明といえるかもしれませんね。自分の今の状況と照らし合わせてみて、普通のカードローンを利用するのか、銀行カードローンを利用するのか決めるようにすると良いでしょう。